TKCは法律情報データベース「LEX/DB」を提供して25年
LEX/DBインターネット image

更 新 情 報

 
2014.09.16  new 注目の判例:9月第3週
2014.09.12 新・判例解説Watch:行政法No.145
新・判例解説Watch:民事訴訟法No.45、No.46
新・判例解説Watch:環境法No.47
新・判例解説Watch:刑事訴訟法No.96
新・判例解説Watch:倒産法No.26
新・判例解説Watch:労働法No.77
2014.08.19 税法話題の判例紹介(通巻第181号)

LEX/DBに収録された「注目の判例」

LEX/DBの「新着判例」の中から、テレビ、新聞記事などで報道された「注目の判例」を毎週ピックアップしてご紹介します
今週の「注目の判例」
 平成26年9月・第3週  
  ―― 平成26年9月12日新着判例 207件から 「注目の判例」として 13件 ピックアップ
オウム真理教 教団元幹部裁判[東京地方裁判所 平成26年6月30日判決(第一審)]
【概 要】
 オウム真理教による平成7年の東京都庁郵便物爆発事件に関与したとして、教団元幹部の被告人が、殺人未遂と爆発物取締罰則違反の幇助罪に問われた事案において、遅くとも3回目の薬品の運搬をした平成7年4月23日以降、被告人が、(1)BらがAの逮捕を阻止し、教団を守るため、運搬に係る薬品を用いて何らかの化合物を合成し、(2)それを用いて事件を起こすものであり、(3)その際には人の殺傷を伴うことがあり得ることをいずれも認識したと認めることができるが、被告人が、Bらが運搬に係る薬品を用いて爆発物を製造し、事件を起こす際にこれを使用する意図であることを認識したと認めるには疑いが残るとし、被告人については、爆発物製造及び爆発物使用の罪については幇助の意思が認められないから、その幇助罪は成立せず、殺人未遂罪については、幇助の意思が認められ、同罪の幇助罪が成立するとして、被告人を懲役5年に処した事例。

新・判例解説Watch

重要な判例の解説をいち早くご提供します |「新・判例解説Watch」とはこれまでの掲載内容
行政法No.145 各航空機運航差止等請求事件  new
[横浜地方裁判所平成26年5月21日判決(LEX/DB25446437)]
  九州大学教授 深澤龍一郎
民事訴訟法No.46 遺産確認,建物明渡等請求事件  new
[最高裁判所第二小法廷平成26年2月14日判決(LEX/DB25446212)]
  中央大学教授 秦 公正
環境法No.47 損害賠償請求控訴事件(クボタ事件)  new
[大阪高等裁判所平成26年3月6日判決(LEX/DB25503170)]
  専修大学准教授 須加憲子
民事訴訟法No.45 執行文付与請求事件  new
[最高裁判所第一小法廷平成26年4月24日判決(LEX/DB25446377)]
   駒澤大学准教授 岡田好弘
刑事訴訟法No.96 殺人、銃砲刀剣類所持等取締法違反被告事件  new
[名古屋地方裁判所岡崎支部平成26年3月20日判決(LEX/DB25503256)]
   三重大学教授 伊藤 睦
倒産法No.26 配当異議事件  new
[最高裁判所第一小法廷平成26年6月5日判決(LEX/DB25446461)]
   北海道大学准教授 栗原伸輔
労働法No.77 地位確認等請求事件(東芝ライテック事件)  new
[横浜地方裁判所平成25年4月25日判決(LEX/DB25501355)]
   弁護士 加藤正佳
租税法No.105 所得税法違反被告事件  new
[大阪高等裁判所平成26年5月9日判決(LEX/DB25503853)]
  久留米大学大学院客員教授 図子善信
租税法No.104
[国税不服審判所平成24年7月5日裁決(LEX/DB26012606)]
  京都産業大学准教授 宮崎綾望

税法話題の判例紹介

税務に役立つ話題の判例・裁決を、TKC税務研究所による解説をつけて毎月ご提供します |バックナンバー

会社案内個人情報保護方針リンク・免責事項・著作権セキュリティへの取り組み
Copyright (c) 1999-2014 TKC Corporation All rights Reserved./LEX/DBインターネットに関する知的所有権その他一切の権利は株式会社TKCおよび情報提供者に帰属します。