TKCは法律情報データベース「LEX/DB」を提供して25年
LEX/DBインターネット image

更 新 情 報

 
2014.08.19  new 注目の判例:8月第3週
2014.08.19  new 税法話題の判例紹介(通巻第181号)
2014.08.15 新・判例解説Watch:労働法No.75

LEX/DBに収録された「注目の判例」

LEX/DBの「新着判例」の中から、テレビ、新聞記事などで報道された「注目の判例」を毎週ピックアップしてご紹介します
今週の「注目の判例」
 平成26年8月・第3週  
  ―― 平成26年8月14日新着判例 217件から 「注目の判例」として 11件 ピックアップ
損害賠償請求控訴事件(傍聴人に証言が聞こえなくても、違法ではないとした事件)
[東京高等裁判所 平成26年7月10日判決(控訴審)]
【概 要】
 弁護士である原告(控訴人)が、自らが弁護人を務める被告人の共犯者の公判手続の証人尋問を傍聴したところ、当該事件の裁判長裁判官が、傍聴席で証言が聞こえるようにする措置を講じなかったことから、原告が証言を聞き取ることができず、上記被告人のための弁護活動に必要な情報が収集できなかったため、原告の弁護権などが侵害されたとして、被告(被控訴人)国に対し、国家賠償法1条1項に基づき慰謝料等の損害賠償の支払を求めたところ、原審が請求を棄却したため、原告が控訴した事案において、憲法82条1項が保障する裁判を聞く自由の侵害の主張、及び憲法21条1項に基づく裁判を傍聴しその情報を摂取する自由の侵害の主張については理由がないとして、控訴を棄却した事例。

新・判例解説Watch

重要な判例の解説をいち早くご提供します |「新・判例解説Watch」とはこれまでの掲載内容
労働法No.75 労働者からのメンタルヘルス情報の申告と安全配慮義務  new
[最高裁判所第二小法廷平成26年3月24日判決(LEX/DB25446296)]
  福岡大学准教授 所 浩代
刑法No.81 傷害,強盗,建造物侵入,窃盗被告事件  new
[最高裁判所第二小法廷平成24年11月6日決定(LEX/DB25445008)]
  関西学院大学教授 豊田兼彦
民法(財産法)No.84 違約金条項使用差止等請求事件  new
[大分地方裁判所平成26年4月14日判決(LEX/DB25503708)]
  大東文化大学特任講師 亀井隆太
商法No.67 保険金請求控訴事件  new
[東京高等裁判所平成25年12月25日判決(LEX/DB25502499)]
  大阪大学教授 山下典孝
環境法No.46 損害賠償請求事件  new
[名古屋地方裁判所平成26年3月13日判決(LEX/DB25503274)]
  北海学園大学教授 福士 明
刑法No.80 業務上過失致死傷被告事件  new
[大阪高等裁判所平成26年4月23日判決(LEX/DB25503829)]
   立命館大学教授 松宮孝明
憲法No.85 損害賠償請求事件  new
[最高裁判所第三小法廷平成26年5月27日判決(LEX/DB25446438)]
  神戸学院大学教授 上脇博之
民法(家族法)No.74 共有物分割等請求事件
[最高裁判所第二小法廷平成25年11月29日判決(LEX/DB25446054)]
  金沢大学准教授 宮本誠子
国際私法No.13 出資金返還請求事件
[東京地方裁判所平成26年1月14日判決(LEX/DB25517356)]
  獨協大学教授 山田恒久
民法(財産法)No.83 損害賠償請求事件(損害賠償請求(阪神タイガース・阪神電鉄)事件)
[神戸地方裁判所尼崎支部平成26年1月30日判決(LEX/DB25502982)]
  福岡大学准教授 畑中久彌
租税法No.102 誤納金還付請求事件(甲事件)、過誤納金不還付決定等取消請求事件(乙事件)
[神戸地方裁判所平成24年12月18日判決(LEX/DB25445853)]
  大東文化大学教授 森 稔樹
民法(財産法)No.82 預金払戻等請求控訴事件
[大阪高等裁判所平成26年3月20日判決(LEX/DB25503275)]
  立正大学専任講師 鈴木尊明
憲法No.84 損害賠償(国家賠償)請求控訴、同附帯控訴事件
[東京高等裁判所平成26年1月30日判決(LEX/DB25503025)]
  甲南大学教授 丸山敦裕

税法話題の判例紹介

税務に役立つ話題の判例・裁決を、TKC税務研究所による解説をつけて毎月ご提供します |バックナンバー

会社案内個人情報保護方針リンク・免責事項・著作権セキュリティへの取り組み
Copyright (c) 1999-2014 TKC Corporation All rights Reserved./LEX/DBインターネットに関する知的所有権その他一切の権利は株式会社TKCおよび情報提供者に帰属します。